普通列車乗り継ぎで長距離の旅行をする時の列車の調べ方

列車

普通列車乗り放題の切符を使って普通列車だけで長距離の旅行をすることもあるでしょう。
そのような場合にネットの一般的なサービスで列車を調べても意外にうまく調べられません。
普通列車だけで長距離移動するときの列車の調べ方をみてみましょう。

ウェブの乗り換え案内のサービスでは普通列車だけの乗り継ぎが調べにくい

昨今は鉄道の路線や時刻を調べるときにウェブの乗り換え案内のサービスを使うことが多くなりました。
ジョルダン、ナビタイム、Yahoo路線情報など、いくつかあります。

ところが乗り換え案内のウェブサービスで普通列車の乗り換えの経路を調べても意外とうまくいきません。
青森から東京まで普通列車だけで行きたい時、東北本線の普通列車を何本も乗り継いで移動することになります。しかし、ウェブの乗り換え案内サービスで調べるとたいてい特急、新幹線などを利用する経路が表示されてしまいます。
検索条件で飛行機、新幹線、特急などを対象から外して普通列車だけが対象になるように設定してみても、まともな乗り換えのパターンが表示されません。

おそらくウェブの乗り換え案内は多数の人が利用するであろうごく一般的な乗り換え例が表示されるように作ってあり、特急も新幹線も高速バスも使わず普通列車だけで長距離移動しようという少数の人の用途は考慮していないのでしょう。

参考

ジョルダン 乗換案内・路線情報・時刻表・運行情報サービス
地図・ルート検索 – NAVITIME

結局普通に時刻表を見て乗る列車を調べるのが楽

結局は、昔ながらに紙の時刻表を購入して乗る列車を調べるのが最も簡単です。

例えば青森から東京まで普通列車だけで行くとすると、青森から八戸までの列車を時刻表で見て、八戸から森岡までの普通列車を見て、という具合に辿っていくことになります。
盛岡から一ノ関までの普通列車を探すとして、時刻表なら右隣に1本遅い列車、さらに右隣に1本遅い列車が並んで表示されていて、北上止まりの列車か一ノ関までの列車かもひと目で分かります。
紙の時刻表なら1日間に運行している全列車の時刻、行先、頻度など複数の情報が一目か二目で分かるため、普通列車の乗り継ぎを調べるときに非常に便利です。

ネットで調べた場合

ウェブの乗り換え案内は基本的には出発駅と到着駅を指定して検索する使い方なので、1日間に運行している全列車の時刻、行先、頻度など複数の情報を一目か二目で知るということはほぼできません。

JR東日本のサイトなどを使った場合、各駅の出発時刻表を表示したり、列車1本ずつの時刻詳細を表示したり、列車の到着駅をクリックして到着駅から先の列車を調べるページに移動したりできますが、紙の時刻表で1ページを見れば知ることができる情報を知るためにウェブでは何ページも表示しなければならなくなり、前後の時刻の列車や、前後の乗り継ぎ列車との関係などの把握が困難で、調べているうちに嫌気がさしてきます。

参考

時刻表:JR東日本

時刻表の例

スタンダードな時刻表としては、一般的な大きいサイズの時刻表は今も販売されています。
小型時刻表はなくなってしまったようですが小型時刻表よりひとまわり大きいコンパス時刻表は今も販売されています。

JR時刻表・各種時刻表 | 出版物 | 株式会社交通新聞社

Amazon.co.jp : JR時刻表

Amazon.co.jp : コンパス時刻表

コンパス時刻表2022年6月号

タイトルとURLをコピーしました