走行

バイクに乗る人の必読書 この3冊

2018年1月8日

バイクに乗るために絶対必要な基本の基本が学べる本を紹介します。

バイクは気を引き締めて緊張感を持って乗る

バイクは操作を誤ると道を歩いている子どもたちに危害を加えてしまう乗り物です。

ですので、乗る場合はかなり気を引き締めて緊張感を持つ必要があります。

そのような乗り物であるバイクに乗るには、車社会の本質を知っておく必要があります。

この記事で紹介する本にはバイクに乗るとき知らなければならない基本の基本が書かれています。

これらの本を読まずしてバイクに乗るのは、例えるならCのコードを知らずにギターを弾こうとするようなものです。

バイクに乗る前に必ず読んでおきましょう。

バイクに乗る人の必読書 3冊

クルマ社会と子どもたち (岩波ブックレット (No.470))

クルマ社会と子どもたち (岩波ブックレット (No.470))

楽天ブックス Amazon Honya Club icon

バイクに乗るために、まずはじめに読まなければならない一冊です。

クルマ社会の本質を知ることができます。
この本を読むことは、算数でいえば九九を学ぶようなものです。九九を知らないとこの先の算数はほとんど理解できません。

同じように、この本を読んでいないとこの先バイクについての話は全く進めることができません。

交通死―命はあがなえるか (岩波新書)

二木雄策「交通死―命はあがなえるか (岩波新書)」

Amazon 楽天ブックス Honya Club icon

この本は自動車保険について知るために必ず読んでおく必要がある本です。

バイクに乗るなら自賠責にも入りますし、さらに誰でもバイク用の任意保険に入るでしょう。
この本を読まないと、この先任意保険についての話を全く進めることができません。

子どもの命を守る分離信号―信号はなぜあるの?

長谷智喜「子どもの命を守る分離信号―信号はなぜあるの?」生活思想社

Amazon 楽天ブックス Honya Club icon

バイクに乗る場合、当然ながら公道を走行します。

この本は信号について述べていますが、道路には必ず信号機や交差点があります。
この本を読んでいないと公道の走行についての話がこの先全く進められません。

以上、バイクに乗る人の必読書3冊を紹介しました。

-走行
-, ,

© 2021 バイクツーリングの手引き