交通機関の利用に便利な情報 行楽情報

静内の二十間道路の桜並木への行き方 マイカー・バスなど

投稿日:2019年3月28日 更新日:

桜を見に行く時など、静内へ行く機会は多いでしょう。

札幌方面から静内の二十間道路の桜並木へ行く方法をみてみます。

札幌方面から静内へマイカーで行く場合

札幌方面から静内の二十間道路の桜並木までマイカーで行くとしたら、以下のような経路になります。

マイカーで行く場合の弊害

マイカーで行く場合は幾つもの弊害があることも心得る必要があります。

交通犯罪被害による子どもの死

道路ではスピード違反をはじめとした違法行為が常態化しています。
40キロ制限の道路を法に従い40キロで走行している場合、後方から激しくあおられ、あおり運転の末に命を奪われる場合もあるでしょう。

こういった違法行為の横行の結果、多くの子どもたちが交通犯罪の犠牲になって命を奪われたり、植物状態にさせられたりしています。

参考の本

命が大切にされる社会を作るためには、必読のブックレットです。

クルマ社会と子どもたち (岩波ブックレット (No.470))

参考の映像資料

ロードキルによる動物たちの死

死に追いやられているのは子どもたちだけではありません。

森の動物たちは道路を横断しています。
道路は動物たちに無許可で人間が勝手に作ったものであり、当然ながら動物たちは生活のために移動する必要があり、人間が作った道路を横断します。

その結果、一般道路でも高速道路でも、多くの動物たちが人間のクルマによって命を奪われています。

参考になる本

私たちと人間以外の生き物たちの関係について、私たちの知識はとても不足しています。
改めて初歩的な知識を学び、自分の考え方や行動を見直してみましょう。

伊勢田哲治 (マンガ:なつたか)「マンガで学ぶ動物倫理」化学同人

参考の映像資料

温暖化ガスの排出 国際的な約束の関連

例えばバスとマイカーなら、同じ自動車ではあってもマイカーを使った場合の方が一人当たりの二酸化炭素排出量は多くなってしまいます。

温暖化ガスの排出量を減らせなければ、気候変動はさらに深刻になっていき、より若い世代がひどい目に遭い、裕福で安定した地域に住んでいる人間よりは貧困で治安も不安定な地域に住んでいる人ほどひどい目に遭います。

また、温暖化ガスの削減は国際的な約束で世界全体で取り組んでいることであり、産業部門がいくら努力してもマイカーで二酸化炭素を排出し続けるなら約束が守れずに終わってしまいます。

参考になるウェブサイト

参考の映像資料

マイカーを使えば子どもたちは必ず犠牲になるので、公共交通機関を使うと良い

車はレール上を走りませんし、運転手も仕事や学校の空き時間を使ってごく簡単な教習を受けただけの素人です。
そのため、自動車と町が今のままなら、どれほど交通安全運動などをしても間違いなく今後も死亡交通事故が起き続けるのは誰でも共通の認識でしょう。

「子どもは小さな大人ではない」ということは昔から知られている事実で、子どもに交通安全教育をいくら行っても、子どもが違法な車を完全に避け続けるのは科学的にも無理であることは有名な話です。

よって、マイカーを使えばいずれは自分の子ども、あるいは近所の子どもが犠牲になるのは科学的に考えて間違いないので、出かけるときはバスや列車を利用することをおすすめいたします。

公共交通機関を利用すれば、交通犯罪の犠牲になる子どもの数は格段に減らすことができます

大人なら誰でも、子どもたちはできる限り事故の犠牲にならずに元気に生き続けてほしい、とお考えでしょうから、これは大変な朗報です
明日からの移動はどんどん公共交通機関を使いましょう。

もしマイカーを持っているときは、家族が病気になったり怪我をしたりして公共交通機関で移動するのが大変な場合に利用できるので、そのときのために整備しておきましょう。

子どもたちが楽しく暮らせるために 参考になるウェブサイト

札幌から静内へJRやバスで行ける

札幌から静内へはJRやバスで行けます。

札幌方面から静内へJRとバスで行く場合

札幌から苫小牧まで JRの普通列車や快速で

札幌駅から苫小牧駅まで、JRの普通列車や快速で行きます。

札幌駅から苫小牧駅 JR

所要時間
およそ1時間20分くらい
運行頻度
おおむね1時間に1本くらい
料金
●札幌-静内のJR切符 普通に買うと片道およそ3,240円くらい 往復で6,480円くらい
●札幌-苫小牧「乗車券往復割引きっぷ」2,280円くらい、苫小牧-静内 普通の切符で往復3,680円くらい 合計5,960円くらい
●土日祝なら「一日散歩きっぷ」2,260円くらい のみで札幌-静内は普通列車乗り放題
(一日散歩きっぷの発売期間2019年4月6日~2019年11月30日の土曜・休日)

苫小牧から静内まで JRの普通列車で

苫小牧から静内まで、JRの普通列車で行きます。

現在は、鵡川から先の線路が壊れているものの、未だに修理せず放置されているため、鵡川から静内までは代行バスに乗り換えることになります。

苫小牧から静内 JR

所要時間
およそ2時間30分くらい
運行頻度
おおむね2〜3時間に1本くらい
料金
●札幌-静内のJR切符 普通に買うと片道およそ3,240円くらい 往復で6,480円くらい
●札幌-苫小牧「乗車券往復割引きっぷ」2,280円くらい、苫小牧-静内 普通の切符で往復3,680円くらい 合計5,960円くらい
●土日祝なら「一日散歩きっぷ」2,260円くらい のみで札幌-静内は普通列車乗り放題
(一日散歩きっぷの発売期間2019年4月6日~2019年11月30日の土曜・休日)

静内駅からバス停「桜風園」まで バスで

静内駅から、二十間道路桜並木の近くのバス停「桜風園」までバスで行きます。

静内駅からバス停「桜風園」 バス

系統番号など
農屋行きのバスに乗ると良いようである
所要時間
およそ16分くらい
運行頻度
おおむね3〜4時間に1本くらい
料金
およそ410円くらい

バス停「桜風園」から二十間道路桜並木まで 徒歩で

バス停「桜風園」から二十間道路まで徒歩で行きます。

バス停「桜風円」から二十間道路の桜並木まで 徒歩

所要時間
およそ17分くらい

札幌方面から静内へバスで行く場合

札幌駅前から静内駅前まで 高速バスで

札幌駅前から静内駅前まで、高速バスで行けます。

札幌駅前から静内駅前 高速バス

系統番号など
高速バス 高速ペガサス
運行頻度
おおむね2時間に1本くらい
運行時間帯
おおむね8時から18時台くらい
料金
片道およそ2,410円くらい

静内駅からバス停「桜風園」まで バスで

静内駅から、二十間道路桜並木の近くのバス停「桜風園」までバスで行きます。

静内駅からバス停「桜風園」 バス

系統番号など
農屋行きのバスに乗ると良いようである
所要時間
およそ16分くらい
運行頻度
おおむね3〜4時間に1本くらい
料金
およそ410円くらい

バス停「桜風園」から二十間道路桜並木まで 徒歩で

バス停「桜風園」から二十間道路まで徒歩で行きます。

バス停「桜風円」から二十間道路の桜並木まで 徒歩

所要時間
およそ17分くらい

札幌方面から静内の二十間道路の桜並木へ行く方法をみてみました。

参考になるウェブサイト

二十間道路桜並木 | 北海道新ひだか町
北海道新ひだか町の公式ホームページ。くらし・手続き、観光・産業、行政情報など。

子ども達の保護者と社会人の必読書



クルマ社会と子どもたち (岩波ブックレット (No.470))



「年間子ども500人が亡くなり,7万人が負傷する交通事故大国.
日本社会のその歪みを正すために,どんな視点が求められているか.
昔遊び場であった道という空間が激変した意味をたどり,児童の認識能力を過大評価した「交通安全教育」万能論を批判し,社会的弱者の生活空間において交通量を制御する交通環境改善の提言を行う.」



交通死―命はあがなえるか (岩波新書)



「私たちはいつの間にか交通事故で毎年1万人以上の生命が失われるという現実を当たり前と感じるようになっている.
しかし機械的な事故の処理,「生命の値段」の決めかたに異を唱えるのは非常識なのだろうか.
交通事故で最愛の娘を失った著者が,事故当夜から刑事裁判,賠償交渉,民事訴訟に至る「人間としての死」を取り戻すための闘いを克明に綴る.」



子どもの命を守る分離信号―信号はなぜあるの?



「行政は、なぜ青信号を渡る子どもたちを見殺しにするのか?
『人間の注意力は不確実なもの』
信号システムを改善するだけで、確実に子どもたちの命が救えるはずなのに。」
「人と車を同時に交差させる一般交差点は、青信号を渡る子どもたちの命を危険にさらしている。
不確実な人間の注意力に頼る信号システム・交通行政を批判し、人と車の流れを分離させる分離信号の普及を提唱する。」



クルマよ、お世話になりました: 米モータリゼーションの歴史と未来



「アメリカはいかにしてクルマ大国になったのか?
クリーンエア最優秀賞受賞者がその知られざる驚愕の歴史を詳述し、クルマに依存しない豊かな生活のための方策を提案する。」

楽しい暮らしのために役立つマンガ


小中高の先生方が忙し過ぎるようで、子どもたちが「自分が主権者である」という意識を学べずに大人になるケースがかなりあるようです。
民主主義社会の一員として必要な基礎を子どもたちに教えてあげましょう。



-交通機関の利用に便利な情報, 行楽情報
-

Copyright© 持続可能な暮らしと旅のブログ , 2020 All Rights Reserved.