走行

バイクを倒すとエンジンがかからなくなる その対策

投稿日:2017年7月6日 更新日:

バイクに乗っていると、ちょっとしたことでバイクを倒してしまうことがよくあります。
このとき、何もせずにバイクを倒しっぱなしにするとエンジンがかからなくなります。

ここでは、バイクを倒してエンジンがかからなくならないよう、対策をご紹介します。

基本的には倒れないよう慎重に運転する

当然ながら、基本的には倒れないように慎重に運転しましょう。

運転している自分が怪我をするからという理由よりも、そばを歩いている人に迷惑がかからないためです。

車間距離を違法に詰めて走っているクルマも多いため、自分が倒れると後続車が止まれずに歩道に突っ込む恐れもあります。

近くを歩いている子どもたちに絶対に迷惑をかけないよう注意しましょう。

ツーリングで大事なこと

クルマ、オートバイは暴力装置

オートバイは自動車の一種です。
自動車は体の弱い人の移動などでも便利に使える機械ではありますが、1年間にとてつもない数の人が交通犯罪で死傷している事実から、暴力装置との見方もある機械です。

もし電気炊飯器の事故で一年間に600件の死亡事故があったら、その製品はすぐ発売中止になり、回収され、社会問題になるでしょう。
しかし自動車はそれどころではない数の歩行中の人々を死傷させている機械ですが、発売され続け、世間・マスコミの問題意識も低いです。

さらに、歩行者が横断歩道を渡ろうとしているのに停止せず横断を妨害したり、制限速度より20〜30キロ超過で走行するのが当たり前になっているなど、歩く子どもたちの命を軽視する違法行為が横行しています。

ツーリングで違法運転をして地元の子どもたちに迷惑をかけたなら、旅先で人々と出会い楽しく語り合ったとしても何の意味があるでしょうか。

交通法規に則って楽しいツーリングにしましょう。

以下のブックレットを1冊読めば、ツーリングライダーに最低限必要な車社会の本質に関する基本の「キ」が学べます。
本来は自動車学校で教えるべき内容ですが、教えてはくれないので、ツーリングライダーの皆さん自ら購入して読むことをおすすめ致します。

バイクに乗る人の必読本

クルマ社会と子どもたち (岩波ブックレット (No.470))

バイクを倒してしまうケース

バイクを倒してしまう場合はよくあります。

私の経験上は、以下のような場合にバイクを倒してしまっています。

  • Uターンしようとしたとき
  • 雨の日に白線上で滑って
  • 林道で路外に転落して

バイクを倒すと燃料がエンジンに流れ込む

バイクを倒すと、燃料がエンジンに流れ込んでしまいます。

その結果、バイクを立て直してエンジンを始動しようとしても、エンジンに燃料が入ってしまってすぐエンストしてしまいます。

うまくエンジン始動できても、走行中にすぐまたエンストしたりします。

夜間の山道でエンストしてしまうと、為す術がなくなります。

バイクを倒してしまったら、燃料コックをOFFにする

バイクを倒してしまったら、エンジンに燃料が流れ込まないようにする対策が必要です。

そこで、以下のように対処します。

step
1
燃料コックをOFFにする

バイクを倒してしまったら、まずはすぐに燃料コックをOFFにします。
これで燃料がエンジンに流れ込まずにすみます。

step
2
バイクを起こす

落ち着いて荷物を下ろしてバイクを軽くして、起こします。

step
3
燃料コックをONに戻す

燃料コックをONに戻し、出発します。

以上、バイクを倒したとき、後でエンジンがかからなくならないようにする対策を紹介しました。

ライダー必見

バイクに乗る人の必読書



クルマ社会と子どもたち (岩波ブックレット (No.470))



「年間子ども500人が亡くなり,7万人が負傷する交通事故大国.
日本社会のその歪みを正すために,どんな視点が求められているか.
昔遊び場であった道という空間が激変した意味をたどり,児童の認識能力を過大評価した「交通安全教育」万能論を批判し,社会的弱者の生活空間において交通量を制御する交通環境改善の提言を行う.」



交通死―命はあがなえるか (岩波新書)



「私たちはいつの間にか交通事故で毎年1万人以上の生命が失われるという現実を当たり前と感じるようになっている.
しかし機械的な事故の処理,「生命の値段」の決めかたに異を唱えるのは非常識なのだろうか.
交通事故で最愛の娘を失った著者が,事故当夜から刑事裁判,賠償交渉,民事訴訟に至る「人間としての死」を取り戻すための闘いを克明に綴る.」



子どもの命を守る分離信号―信号はなぜあるの?



「行政は、なぜ青信号を渡る子どもたちを見殺しにするのか?
『人間の注意力は不確実なもの』
信号システムを改善するだけで、確実に子どもたちの命が救えるはずなのに。」
「人と車を同時に交差させる一般交差点は、青信号を渡る子どもたちの命を危険にさらしている。
不確実な人間の注意力に頼る信号システム・交通行政を批判し、人と車の流れを分離させる分離信号の普及を提唱する。」



クルマよ、お世話になりました: 米モータリゼーションの歴史と未来



「アメリカはいかにしてクルマ大国になったのか?
クリーンエア最優秀賞受賞者がその知られざる驚愕の歴史を詳述し、クルマに依存しない豊かな生活のための方策を提案する。」

楽しい暮らしのために役立つマンガ


小中高の先生方が忙し過ぎるようで、子どもたちが「自分が主権者である」という意識を学べずに大人になるケースがかなりあるようです。
民主主義社会の一員として必要な基礎を子どもたちに教えてあげましょう。



-走行
-

Copyright© 持続可能な暮らしと旅のブログ , 2020 All Rights Reserved.