おすすめ製品

アイヌ文様風の刺繍入り りこぴんず製ブックカバー

投稿日:2019年7月5日 更新日:

通勤中の列車内など、外で本を読むときにブックカバーを使う人は多いでしょう。

藤野ワーク「りこぴんず」さん製作、アイヌ文様風の刺繍入りの温かい手作り品ブックカバーを紹介します。

ブックカバーを使いたいとき

読書をするとき、本にブックカバーを付けたいケースは色々あります。

大事な本を汚したくないとき

通勤中の列車内で本を読む人は多いでしょう。

そのとき、大事な本なら汚れないようブックカバーをつけたいところです。

人から借りている本なら、ブックカバーをつけるのが望ましいでしょう。

本を読むスピードが遅いのが気になるとき

何かと気にするタイプの人なら、自分の読書スピードが遅いのが気になるかもしれません。

それなりにややこしい専門書や、長編の小説を読んでいるなら、1冊読み終わるのに1ヶ月以上かかる場合もあるでしょう。

通勤列車は皆だいたい同じ時刻の列車の同じ車両に乗るので、周囲は見慣れた顔ぶれになるものです。
そこで1ヶ月以上同じ本を読んでいると、読むのが遅い人だなあ、と思われそうで気になったりします。
実際はそこまで見ていないかもしれませんが。

このようなとき、ブックカバーをつけたくなります。
ブックカバーをしていれば、1冊の本を読み切るのに何日かかっているのか、周りからは全くわかりません。

目立つ本を読んでいるとき

中学や高校の教科書は一般の社会人でも購入できます。
そこで、改めて勉強し直したいということで高校の教科書を買って読み直している人もいるかもしれません。

そのとき、小中高の教科書はたいてい一目で教科書だとわかるデザインなので、列車内などで読んでいると結構目立ちます。
目立って何となく落ち着いて読んでいられないと思う人もいるかもしれません。

ブックカバーをつければ、目立つ本でも目立つことなく落ち着いて読めます。

スピンのない本にスピンがほしいとき

スピン(しおり用の紐)が付いていない本は多いです。
しかし、本を読むときにスピンがほしいと思う人もいるかもしれません。

ブックカバーはたいていスピンが付いているので、スピンなしの本にブックカバーをつければスピン付きの本のようになります。

りこぴんず製 刺繍入りブックカバー 温かい手作り品

藤野ワーク「りこぴんず」さんが、アイヌ文様風の刺繍入りブックカバーを新発売しました。

りこぴんずさん製作 刺繍入りブックカバー(文庫サイズ)

りこぴんずさん公式サイト

りこぴんず製刺繍ブックカバー(文庫サイズ)の特徴 

りこぴんず製刺繍ブックカバー(文庫サイズ)は以下のような特徴があります。

なお、りこぴんずさんの製品はほぼ全て手作り品であり、全く同じ製品はありませんし、デザインにも多種多様なバリエーションがあります。
そのため、ここで紹介するブックカバーはあくまで私が購入した製品の例です。

  • 手作り品で温かい風合い
  • アイヌ文様風の刺繍入り
  • おもて面から裏面まで豪華な作り
  • スピン付き
  • あらゆる厚さの本に対応(辞書くらいの厚さの本までカバーできる)

あらゆる厚さの本に対応しており、最大で下図くらいの厚さの本までセットできます。

辞書程度の厚さの本をカバーした状態

りこぴんず製刺繍ブックカバー(文庫サイズ)の外観

りこぴんず製刺繍ブックカバー(文庫サイズ)の外観を見てみましょう。

パッケージに入った状態

私は新発売になった直後に購入したので、パッケージには「新作」の表示があります。
パッケージには、様々なりこぴんずさんの製品で見かけるキャラクター「ねこ柴くん」が描かれています。

おもて面

アイヌ文様風の刺繍が施されたおもて面です。

中面

豪華な柄付きの布が使用された中面です。

アイヌ文様風の刺繍部分

ブックカバーの前面に施されたアイヌ文様風の刺繍です。

中面 部分

本をセットした状態

本をセットした状態 裏面

本をセットする手順

まずは本の左側の表紙をセットします。

本をセットした状態 中面左側

中面左側は袋状になっていません。
はじめにこの部分に左側の表紙を挟みます。

次に右側の表紙をブックカバー右側の袋にセットします。

本をセットした状態 中面右側

右側の表紙をブックカバー右側の袋の奥まで差し込んだら、左側の布を折り返してセット完了です。

左側の布を折り返してセット完了

左の布は帯状の紐に挟むこともできます。
お好みによります。

左側の布を帯状の紐に差し込んだ状態

「りこぴんず」さんの刺繍製品

ブックカバーの他にも、りこぴんずさんでは刺繍入りの製品を複数製作、販売しています。

手提げバッグ

刺繍入りの手提げバッグが製作、販売されています。

ベレー帽

アイヌ文様風の刺繍入りベレー帽が製作、販売されているようです。

私の手元のりこぴんずさんの資料によれば、オーダーメイドも受け付けているそうです。

刺繍入りコースター

アイヌ文様風の刺繍入りコースターが製作販売されています。

当ブログの参考記事

りこぴんず製品を買える場所

藤野ワーク「りこぴんず」さんについて

藤野ワーク「りこぴんず」さんは主に飲料パック等を原料にして手すき紙を作り、様々な製品を製作しているということです。

りこぴんず製品を買える場所

りこぴんず製品が販売されている店がいくつかあります。

ただし、店での通常の取り扱い商品は種類が限られています。
そのため、店に行っても必ずしもブックカバーが販売されているとは限りません。

一方、イベント等でりこぴんずさんが出店している場合は、十分に種類豊富に商品が並ぶので、ブックカバーも色々販売されると思われます。
また、店でも通常の販売ではなくりこぴんずさんの出張販売の日なら、種類豊富に商品が並ぶようです。

「元気ショップ」

りこぴんず製品は、私の知るところでは札幌の「元気ショップ」で販売されています。
ただし、りこぴんずさんの刺繍ブックカバーは元気ショップの通常取り扱い商品にはない可能性があります。

大通の元気ショップでは、時によってはりこぴんずさんの出張販売が行われる場合があります。
専用コーナーでりこぴんずのかたが出張販売を行い、普段の元気ショップの取り扱い製品の他に種類豊富に商品が並びます。

元気ショップのりこぴんずさん出張販売の様子

元気ショップ いこ〜る

札幌駅にある「元気ショップ いこ〜る」でもりこぴんず製品が販売されています。
ただし、りこぴんずさんのブックカバーは元気ショップいこ〜るの通常取り扱い商品にはない可能性があります。

イベント会場のりこぴんず専用ブース

例えば札幌エルプラザ、札幌駅前地下歩行空間などでイベントが開催される際、りこぴんずさんが出店する場合が結構あるようです。
りこぴんずさん専用ブースにおいて種類豊富にりこぴんず製品が販売されるようです。

りこぴんず製、アイヌ文様風の刺繍入りブックカバーを紹介しました。

-おすすめ製品
-,

Copyright© 持続可能な暮らしと旅のブログ , 2020 All Rights Reserved.