論文「JR北海道の路線廃止と地域対応 ―鉄路は地域発展に不可欠―」の紹介

自治体問題研究所のウェブサイトで論文「JR北海道の路線廃止と地域対応 ―鉄路は地域発展に不可欠―」が公開されていました。

小田 清(こだ きよし)
北海道地域・自治体問題研究所副理事長
2018年7月19日
月刊『住民と自治』 2018年7月号 より

目次

  • 経営危機と維持困難路線の発表
  • 公共交通に逆行するJR北海道
  • JR北海道・道・国・自治体の対応
  • 「鉄道の再生と地域の発展をめざす全道連絡会」の結成

外部リンク

【論文】JR北海道の路線廃止と地域対応 ―鉄路は地域発展に不可欠―(小田 清)
国鉄の分割・民営化から31年。見通しの誤りからJR北海道は経営危機に陥りました。その結果、鉄路の半分を経営分離しようとしています。JR北海道や道庁、国、地域住民の取り組みを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました