情報収集

消費行動を変えて子どもの安全確保 熱帯雨林を壊して作られるパーム油の問題に関連して

国際環境NGOグリーンピースが、熱帯雨林を壊して作られるパーム油の問題に関するキャンペーンを行っています。

人間は現在の自然環境で辛うじて生存できているにすぎません。
熱帯雨林の破壊が進めば自然環境は大幅に変化し、人間の子どもたちも生存できなくなります。
よって熱帯雨林の問題は子どもの安全に直結しています。

ここではグリーンピースの熱帯雨林を壊して作られるパーム油の問題に関するキャンペーンを見てみます。

熱帯雨林を壊して作られるパーム油の問題に関するキャンペーンのようす

インドネシアの熱帯雨林がパーム油のプランテーション開拓のために破壊され、動物たちを絶滅の淵に追いやっている、ということです。

世界のいくつもの大企業が、こういった状況で生産されているパーム油を使用し、日本の私たちもパーム油を使用した商品を大量に消費しているということです。

パーム油に関するキャンペーンにの動画

グリーンピースのツイッターアカウントで以下のような動画が公開されています。
キットカットやリッツ、Doveなど日本でも有名な商品・メーカーが出てきます。

クッキー「オレオ」に対象を絞った署名活動

黒っぽいクッキー「オレオ」の製造にもパーム油が使われているということで、対象をオレオに絞った以下のようなネット署名も行われています。

パーム油を使用している商品の例など

環境破壊に加担したくないということで、商品を購入するにあたってパーム油を使用している商品を避けたいと思う方も多いでしょう。

私たちが商品を買うとき、原材料名を見ても「パーム油」と書いてあるとは限らないようです。
実際に、私たちが買っているどの商品にパーム油が使用されているか、などが紹介されています。

熱帯雨林を壊して作られるパーム油を使った商品を避ければ子どもは安全に暮らせる

熱帯雨林が破壊されて子どもたちが死んでいくのを避けるために、熱帯雨林を壊して作られるパーム油を使った商品を買わないというのが有効な方法の一つです。

企業は消費者から見放されると存続できないため、消費者に選ばれる商品を作り続ける必要があります。

悪いことをして作った商品を消費者が買わなければ、企業はその作り方をやめます。
よって、消費者運動は世界を変えるのに有効な方法です。

もちろん、消費行動を変えると同時に、法律や制度で森林破壊に規制をかけるのも大事ですので、政治運動にも今まで通り取り組んでいく必要があります。

以上、グリーンピースの熱帯雨林を壊して作られるパーム油の問題に関するキャンペーンを見てみました。

-情報収集
-,

© 2021 持続可能な暮らしと旅のブログ