キリスト教会へ行く

2021/2/19

キリスト教会に行く方法 いきなり行くのも可能

キリスト教会に行ってみようと思っている方は多いでしょう。 しかし、初めてキリスト教会に行く時はどのようにすると良いか迷うかもしれません。 連絡なしで突然キリスト教会に行っても大丈夫かどうかみてみます。 キリスト教会はいきなり行っても大丈夫 たいていの場合、キリスト教会は連絡なしでいきなり行っても大丈夫です。 キリスト教会の前に礼拝やその他の集会などの案内看板が立っています。 そういった看板に、ご自由にご参加下さい、ご自由にお入り下さい、というようなことが書いてあります。 ご自由にご参加下さい、と看板に書い ...

ReadMore

2021/2/19

キリスト教会に行きづらい時の対処方法

キリスト教会へ行ってみたい人は結構多いでしょう。 一方、行きたくてもキリスト教会は行きづらいと感じる人も多いでしょう。 教会に行きづらい時、どうすると良いかみてみます。 キリスト教会は確かに行きづらい キリスト教会は確かに行きづらいです。 自由に入れる雰囲気でない キリスト教会の外には、たいてい礼拝や集会の曜日・時間を案内する看板があります。 看板には、礼拝などにどうぞ自由に参加してください、というような内容のことが書いてあります。 しかし、キリスト教会ははっきり言って入りづらい雰囲気が漂っています。 雰 ...

ReadMore

2021/2/19

キリスト教会は基本的に自由に入れる

キリスト教会に行ってみたい方は多いでしょう。 しかし、キリスト教会は自由に入れるのかどうか分からなくて不安な人もいるでしょう。 キリスト教会は自由に入れるのかみてみます。 キリスト教会は基本的に自由に入れる キリスト教会としては、多くの人に神の良い知らせを知らせたいと思っているので、基本的に自由に入れます。 キリスト教会は礼拝や集会があれば自由に入れる 教会では日曜日の礼拝や、例えば「聖書と祈りの会」的な各種の集会などが開催されています。 そういった催しが行われるときは、たいてい自由に入れます。 教会に入 ...

ReadMore

2021/2/19

キリスト教会の入り方

キリスト教会に行ってみたいと思う方も多いでしょう。 しかし、神社や寺と違ってキリスト教会は入りやすい雰囲気でありません。 キリスト教会の入り方をみてみます。 ちなみに、私はプロテスタント教会しか行ったことがないのでプロテスタント教会の例でみてみます。 キリスト教会の通常の様子 キリスト教会は、人がいないときは閉まっている たいていの場合、キリスト教会は人がいなければ閉まっています。 例えば、日曜か平日かに関わらず、夜最後の人が建物を出るときは鍵を閉めます。 礼拝したりする場所であると同時に、事務所のような ...

ReadMore

2021/2/19

対人恐怖症で、キリスト教会に行ってみたい場合はどうすると良いか

対人恐怖症の人で、キリスト教会に行ってみたいと思う人もいるでしょう。 しかし、対人恐怖症の場合、教会での人付き合いが心配で行けない人も多いでしょう。 対人恐怖症の人がキリスト教会へ行く場合はどうすると良いかみてみます。 初めて教会へ行くとき メール連絡してから行くと良い 初めて教会へ行く時は、礼拝の日に行くと良いでしょう。 礼拝はたいてい日曜日の午前中あたりに行われています。 何も連絡なしでは、教会へ入りにくいでしょう。 そこで、教会のホームページを見て、あらかじめメールで連絡しておくと良いでしょう。 参 ...

ReadMore

ナザレ出身のイエス

大工をしていたイエス(大工と言っても、家を建てるよりは船を作ったり各種の道具を作ったり修理したりするのが主だったらしい)

2020/12/29

ナザレ村のイエスはどのようにして生まれたか

イエスは処女マリアから生まれたという話は、キリスト教会では常識のようなものです。 ところが今日では、聖書の研究の結果実際はたぶん処女から生まれたわけではないということが分かっています。 ここでは、イエスは処女から生まれたというわけではないことを紹介します。 一般的には、イエスは処女から生まれたということになっている 日本語訳の新約聖書の「マタイによる福音書」「ルカによる福音書」を読むと、イエスは処女から生まれたと読み取れるようなことが書いてあります。 そのため、一般的にイエスは処女から生まれたということに ...

ReadMore

大工をしていたイエス(大工と言っても、家を建てるよりは船を作ったり各種の道具を作ったり修理したりするのが主だったらしい)

2020/12/27

イエスがキリストになった経緯

新約聖書の福音書にキリスト教の信仰上のイエスについて書かれています。 ところが、実際のナザレ村出身の一男性イエスがどういう人かが書かれているわけではありません。 一男性イエスがキリストという扱いになった経緯を大まかにみてみます。 イエスの人生は何を見ると分かるか 紀元前何年かにナザレ村で生まれた骨のある一男性、イエスがどういう人だったかについては、新約聖書の福音書に書いてあります。 新約聖書以外に、当時のことを記録した歴史書にもチラッとイエスのことが記載されているらしいです。 福音書が書かれた目的 福音書 ...

ReadMore

キリスト教の内容

2021/2/19

キリスト教について学ぶ方法

例えば三浦綾子文学を読むなどして、キリスト教に興味を持つ方は多いでしょう。 キリスト教に興味を持ったら、キリスト教について学んで、より詳しく知りたいと思うでしょう。 キリスト教について学びたい時はどうすれば良いかをみてみましょう。 キリスト教は結構難しい キリスト教に興味を持つ機会は多い 日本で生活していると、キリスト教に興味を持つ機会は結構あります。 例えば三浦綾子の文学、トルストイの文学、など、文学作品にキリスト教がよく出てくるので、文学をきっかけに興味を持つことは多いでしょう。 また、キリスト教徒は ...

ReadMore

2021/1/17

洗礼者ヨハネの洗礼の意味

ヨハネがこの世と終末の後に来る世、義人と罪人、というような図式で洗礼を授ける活動をしていた イエスと近い年齢の洗礼者ヨハネが、人々に洗礼を授ける活動をしていました。 今の世はまもなく終わって、新しい世が来る、罪人だと新しい世に入れずに滅びてしまうけど、悔い改めの洗礼を受けて義人になれば新しい世に入れる、というような感じで洗礼を授けていました。 水に浸す行為はこの時代この社会ではよく行われていた 洗礼を受けるときの水に浸るという行為は、ヨハネがいきなりやりだした訳ではないそうです。 この頃メジャーな行為だっ ...

ReadMore

2020/12/27

人と人以外の生き物の関係 キリスト教神学の側から考えたおすすめ本

キリスト教と言えば、人は神の似すがた、などと言ってたいてい人間中心な考えをします。 ところが嬉しいことに、キリスト教神学者の中には、人間と人間以外の生き物の関係について、従来の人間中心の捉え方に異を唱えている人もいます。 従来式のキリスト教の人間中心な考えに疑問を投げかけているとても良い本をご紹介します。 キリスト教はとても人間中心 旧来式の教義が人間中心の内容になっている 皆さんご存知の通り、キリスト教会の理論はとても人間中心な考えです。 昔は人間は神の似すがたで、人間以外の生き物を支配して当たり前、と ...

ReadMore

2021/1/17

キリスト教と聖書の入門に最適な本の紹介 おすすめの3冊

三浦綾子文学などを読んで、キリスト教や聖書に興味を持たれる方も多いでしょう。 キリスト教と聖書の入門に最適な本をご紹介します。 キリスト教や聖書の入門には、自己批判精神がある本が良い 自己批判精神を失うと危険 キリスト教や聖書に関する入門書は色々あります。 中には、とてもキリスト教びいきで、自己批判精神が全く無いような本もあります。 本ではありませんが、ラジオでもたまに自己批判精神の無い内容が出てきます。 朝のキリスト教のラジオ番組を聴いていると、キリスト教徒が増えれば武力紛争はもっと減るだろうに、という ...

ReadMore

© 2021 キリスト教とイエスについて知るサイト