交流会やイベントの誘いは、気が向かないなら無理せず行かないのがおすすめ

人付き合いが下手な人、対人恐怖症気味の人なら、交流会などに参加するのはハードルが高いです。
しかし、人付き合いが上手くまるため、無理しても参加した方が良いと思うかもしれません。

交流会やイベントの誘いがあったとき、どう判断するべきか考えてみましょう。

付き合い下手でも、交流会やイベントなどに誘われることがたまにある

多くの人は集団の中で暮らしている

人付き合いが下手な人、対人恐怖気味の人は、人との付き合いは少ないでしょう。

それでも多くの人は会社員として働いていたり、大学生として大学に通っていたり、高校生として高校に通っていたりと、社会の中で生活を送っています。

また、仕事や学業以外に、キリスト教会などに通っている人、習い事をしている人、市民運動に取り組んでいる人など、親しい人はいなくても人と会う機会はそれなりにあったりします。

交流会やイベントへの参加の誘いもある

人の集団の中で暮らしていると、交流会やイベントの参加の誘いがあったりします。

会社員なら会社や労働組合のイベントなどもあるでしょう。

キリスト教会や市民団体などであれば、青年の集い的なイベントがあって、誘われたりするかもしれません。

誘いに対してのいろいろな考え方

付き合い下手克服、対人恐怖克服のため、参加した方が良いか

人付き合いが下手だったり、対人恐怖だからといって、人付き合いを避け続けているといつまでも人付き合いがうまくならないのではないか、と思う人もいるでしょう。

そこで、とても参加したくないが、無理して参加するべきだろうか、と思うかもしれません。

「逃げていないで参加しろ、逃げるから人付き合いが下手なままなのだ」と言われるケース

世間には、人付き合いが下手な人間は人との付き合いから逃げているからいつまでも人付き合いが下手なのだ、といった単純な考え方が存在します。

親や知人などから、無理にでも参加してみなさい、交流の場を避けているからいつまでも親しい人間ができないのだ、と言われる人も多いでしょう。

そのようなことを言われると腹が立つので、「逃げてなどいない、様々なところに参加しているだろうが!」と言い返すために無理にでも参加しようか、と思うかもしれません。

気が向いたら行っても良いし、気が向かないなら無理に行かない方が良い

無理して参加して良い結果になったことは一度もない

私の場合、交流会やイベントのようなものに無理に参加して良い結果になったことは一度もありません。

何か誘いがあったときに、内容を見て、何となく経験や直感で「参加しやすそうだな」と思ったり、「俺の一番苦手な雰囲気だ、絶対に参加したくない」と思ったりします。

「絶対に参加したくない」と直感的に思ったイベントであっても、周囲が「人付き合いから逃げないで参加しろ」と言ってくるので、「仕方ない、荒療治のようなつもりで行ってみるか」と嫌々参加した経験も何度もあります。

しかし、そのように「俺の苦手な雰囲気だ、参加したくない」と直感したイベントに無理に参加した場合、ことごとく悪い結果でした。
どこにもいる場所はなく、明らかに浮いていて、苦痛でしかない、という結果で終わっています。

直感に従って、行きたくないと思ったら行かない方が良い

「行きたくない」と直感した行事は、自分の直感に従って参加しないことをおすすめします。

無理に参加して、浮きまくって苦痛を感じて、そういった失敗体験ばかり重ねると、いよいよ精神的に参ってきて良いことは一つもありません。

気がむくイベントには参加すると良い

中には、何となく参加しやすそうだと思う交流会やイベントもあるかもしれません。

その場合は、その直感に従って参加してみると良いでしょう。

私の場合、「何となく参加しやすそうだ」と思ったイベントは、人と親しくなることはないとしても、極端に苦痛なことはなく終われた場合が多いです。

ただでさえ人付き合いが下手だったり対人恐怖症だったりで生きづらく、精神的に疲れているのに、さらに無理をしても良いことは何もありません。
無理せずに直感に従って、やりやすそうなことから進めていきましょう。

無責任な助言は無視する

逃げるなと言ってくる人間については、基本的に無視して、今後付き合わないようにします。
家族が「逃げるな」と言ってくるなら、「逃げる!」と言っておいて、あとは普通に仕事や学問に取り組みましょう。

人間は社会的な生き物であり、生きている限り他人と関わりながら生活しており、人付き合いが下手な人、対人恐怖気味の人は日々生きづらい日常の中で闘っているわけで、逃げていないし逃げ場もありません。

社会には解決するべき難題が溢れています。無責任な助言をしてくる人間と付き合っても時間と労力が無駄です。楽な人生を送っている貴様に何が分かるのだ、と言うか心で思っておくのが良いあしらい方です。

タイトルとURLをコピーしました