北の鉄路存続を求める会「北の鉄路NEWS No74」2022年1月6日付 発行

北の鉄路存続を求める会「北の鉄路NEWS No74」2022年1月6日付が発行されました。
Facebookで検索してかろうじて発見できましたが、きちんと読める形のものは見つかりません。

「北の鉄路NEWS No74」2022年1月6日付 目次

  • 情勢にも変化。山線存続は沿線自治体だけの問題でない
  • 「つくりたい北海道の未来」に鉄路欠かせない
  • #新自由主義からの転換 #「儲からないものは無くなっても仕方ない」という議論で本当に良いか

 

参考書籍

宮田和保 桜井徹 武田泉『地域における鉄道の復権 持続可能な社会への展望』緑風出版
icon
icon
icon
「鉄道は安全性、定時性、高速性で高く評価され、地域社会の発展に不可欠であるのに、政府の自動車・航空偏重政策の前に危機を迎えている。本書は、JR北海道の危機的状況にたいして、新自由主義による従来の「分割・民営化」路線の破綻を総括し、「持続可能な社会」の考え方を基本に、鉄道路線の存続・再生、地域経済・社会の再生の道を提起する。」

タイトルとURLをコピーしました