天文・星の観察

国際宇宙ステーションや他の人工衛星を見る方法

投稿日:

夜に、国際宇宙ステーションをはじめとした人工衛星が地上から星のような感じで見えることは有名です。
国際宇宙ステーションあたりはよく話題に上るので、地上から見てみたいと思う人は多いでしょう。
国際宇宙ステーションやその他の人工衛星を地上から見る方法をみてみます。

国際宇宙ステーションやその他の人工衛星を地上から見る手順

1.人工衛星が通る場所、日時を掲載しているサイトを見る

国際宇宙ステーションをはじめとした色々な人工衛星が、いつ、どこを通るかという情報を掲載しているウェブサイトがあります。

そういったウェブサイトで、人工衛星が通る日時、場所を確認します。

人工衛星の通る場所を掲載しているウェブサイトの例

2.通る場所を確認する

場所については、見え始めの方位、見え終わりの方位、最大高度、が表示されていたりします。
これらがわかれば、だいたいどの辺を通るのか見当がつきます。

3.明るさを確認する

人工衛星によって、地上から見たときの明るさは異なります。

また、同じ人工衛星でもその時々で自分がいる場所から見た時の明るさは異なります。

そこで、自分が見る予定の日時の人工衛星の明るさを確認します。
明るさが「等星」で載っていたりします。

4.予定の方向を見る

調べておいた日時に、通る予定の方向を見ます。

予定通り星のような光が昇ってきて、予定の方向へと沈んでいきます。

国際宇宙ステーションは見やすい

国際宇宙ステーションは明るいので見やすいです。

その時々で異なりますが、1等星や-1等星という明るさで見えることも多いです。
ですので、明るい都会でも簡単に見られます。

また、国際宇宙ステーションは低い場所を回っていて、自分が住んでいる場所の上も頻繁に通るので、見られる機会が多いです。

日本の宇宙開発の行方 軍事利用へ暴走しているので暴走を止める必要あり

毛利さんがスペースシャトルで宇宙へ行った頃は、日本の宇宙開発は純粋に学術研究目的であるというイメージがあったのですが、昨今はもうそうでもありません。

日本が宇宙の軍事利用を進めるのか、宇宙の利用は軍事以外に限るのか、日本の主権者の私たちが決めることですので、選挙の投票で意思を示す、選挙以外の各種の主権行使の方法で意思を示す、という行動を続けて、日本の宇宙開発の行方を決めていきましょう。

参考になるウェブサイト

主権を行使する方法は選挙以外にいくつもある

主権を行使する方法は唯一選挙だけであり、選挙の投票だけが民意を示す唯一の方法であり、選挙の結果を反映している議会が多数決で決めたことは民意を反映しているのだから、議会が強行採決で多数決で物事を決めて何も問題ない、という誤解が広まっています。

間違いの一つは、主権を行使して政治に民意を反映させる仕組みは選挙だけである、と思い込んでいることです。
選挙だけでは民意を反映しきれないので、他にいくつも主権行使の方法が用意されています。

選挙以外の主権行使の方法の例

  • 条例制定やリコールなどを求める直接請求
  • 公聴会や審議会への参加
  • 議員や行政機関への請願・陳情
  • 政党の活動への参加
  • 集会やデモ行進などへの参加
  • マスコミの世論づくりへの参加

など

主権の行使の方法を知らない大人が多数。中学、高校が社会の授業を真面目に行っていない可能性が高い

主権行使の方法が選挙以外にいくつもあることは中学校の公民の教科書などに載っています。

よって、本来は、中学校を卒業したほとんどの人が義務教育で三角形の面積の求め方を教わって「底辺×高さ÷2」だと知っているのと同じように、義務教育を受けた人なら社会で教わって「主権を行使する方法は選挙だけではない、いくつもある」と知っているはずのものです。

もし義務教育を終えた人の多くが三角形の面積の求め方も知らないとしたら、いったい学校は何をしているんだ、と皆怪訝に思うでしょう。
それと同じで、義務教育を終えた人の多くが、主権を行使して政治に民意を反映させる方法は選挙だけだと思い込んでいるという現在の状況はかなり異常なことです。

社会の先生かそれ以外の先生が授業を真面目にしていないか、真面目に授業をするなと誰かに命令されたか、真面目に授業をしようとは思ったが多忙すぎるかなにかの理由でできなかったか、詳しい理由は分かりませんが、小中学校が歪んだ状況になっていることは間違いないでしょう。

高校の現代社会、政治経済の教科書にも主権の行使の方法は載っているので、小中学校が歪んだ状況になっていても、普通なら高校で教わって知ることができると思われます。
ところが、「主権を行使する方法は選挙だけではない、いくつもある」ということを知らない大人が街に溢れていることから、高校でも社会の授業を真面目に行っていない可能性が高いです。

国際宇宙ステーションや他の人工衛星を見る方法でした。

-天文・星の観察

Copyright© 持続可能な暮らしと旅のブログ , 2020 All Rights Reserved.