人に情報を伝える

無料写真素材を使う時 人物の写真は注意が必要

運動用のブログなどで、無料写真素材を使うこともあるでしょう。
無料写真素材を使う時は権利問題に注意する必要があります。

ここでは無料写真素材を使う時の注意点を述べます。

無料写真素材サイトの権利関連の扱いについて

著作権など権利関連の説明が不十分なサイトが多い

無料写真素材サイトには、権利関連の説明が不十分なサイトも多いです。

「パブリックドメイン」とだけ表示されているサイトがよくあります。

人物に許可を取っているのか不明なサイトが多い

特に、人物が写っている写真が要注意です。

どう見ても通りすがりの人を写した写真で、写っている人に許可をもらったとは思えないような写真でも、「パブリックドメイン」と表示してアップされていたりします。

通常、きちんとした有料写真素材サイトであれば、人物の写真なら被写体になった人から許可を取っており、「モデルリリース取得済み」と表示されています。

無料写真素材サイトでは「モデルリリース取得済み」の表示があるサイトはとても少なく、人物の写真でも「パブリックドメイン」とだけ書かれていて、モデルに許可を取っているのか明記していないサイトが多数あります。

著作権など権利関連の説明がきちんとしているサイトもある

無料写真素材サイトにも色々あります。

中には、著作権などの権利関係のことについて、きちんと説明されているサイトもあります。

人物が、モデルリリース取得済みであることが明確に分かるサイトも一部にはあります。

人物の写真は「モデルリリース取得済み」表示があるものを使うべき

以上のように、無料写真素材サイトには、写っている人に無許可でアップされているおそれもある人物写真がたくさんあります。

そこで、人物の写真素材を使う場合は「モデルリリース取得済み」であることが明記されている写真を使うと良いでしょう。

そういった写真であれば、モデルの人からきちんと肖像権使用許諾同意書をもらっているということであり、許可を得てアップされている写真です。

逆に、「モデルリリース取得済み」と明記されていない人物写真の素材は使わない方が良いでしょう。

もしモデルの人に無許可で写真がパブリックドメインとしてアップされていた場合、モデルの人が大変な迷惑をします。

以上、無料写真素材を使う時の注意点を述べました。

参考書籍

スナップ写真のルールとマナー (朝日新書 063)

-人に情報を伝える

© 2021 持続可能な暮らしと旅のブログ