運動用のブログ

運動用のブログを作る時は無料ブログは避けるべき

投稿日:2017年12月27日 更新日:

社会運動用にブログを作りたい場合もあるでしょう。
仕事ではないので、無料ブログを利用したいと思う方が多いのではないでしょうか。

ここでは運動用のブログは無料ブログで問題ないかどうかについて述べます。

無料ブログと有料ブログの大きな違い 広告が表示されるかどうか

世の中には無料のブログサービスも有料のブログサービスもあり、機能も様々です。

様々な違いがある中で、無料ブログと有料ブログでは広告が表示されるかどうかが大きな違いです。

無料ブログは自分でコントロールできない広告が表示される

無料ブログは、いろいろな場所に広告が表示されます。

それらの広告は通常は自分ではコントロール不能で、自動的に表示されます。

記事内容に関連する広告が表示される

表示される広告は、多くの場合、そのブログ記事の内容に関連した内容のものが表示されます。

例えば、クルマ社会の問題について扱ったブログであれば、「車」に関連するブログ記事なので、自動車産業関連や自動車保険の広告が表示される可能性があります。

ペットの生体展示販売の問題を扱ったブログであれば、「ペット」に関連するブログ記事なので、ペット産業関連の広告が表示される可能性が有ります。

記事内容の主張と正反対の広告が表示される場合も多い

そのようにブログ記事の内容に関連する広告が表示されるため、記事で主張している内容と正反対の広告が表示される場合も多いです。

例えば、クルマ社会の問題について扱ったブログで、マイカー依存社会は良くないという記事を書いたのに、その記事のページ内に、マイカーを宣伝する広告が表示される可能性があります。

また、ペットの生体展示販売は良くないという記事を書いたのに、その記事のページ内に、ペットショップの宣伝広告が表示される可能性があります。

有料ブログは広告はない、または自分でコントロールできる

有料ブログは、通常は広告は表示されません。

または、自分で広告を表示できるものもあります。

ブログサービスでなく、自分でサーバを借りてブログを作ったりした場合も、当然広告は出ませんし、また自分で広告を表示したりもできます。

運動用のブログは必ず有料ブログサービスを使うべき

無料ブログを使えば運動の効果は半減

以上のように、無料ブログを使うと記事の内容と真逆の広告が表示されてしまう恐れがあります。

その結果、せっかくブログで自分の主張を多くの人に広めようと思っても、効果が半減してしまいます。

ペットの生体展示販売は良くないという主張をしたのに、ペットショップの広告が表示されて、生体展示販売の店の売り上げに貢献したのでは意味がありません。

有料ブログサービスなら心配ない

有料ブログサービスを使えば、主張と真逆の広告が表示されるような心配はありません。

もし、ブログを収益化することでさらに社会運動に力を注げるようにする場合でも、広告は自分でコントロールできます。
アフィリエイト広告を載せるなら広告は自分で選びますし、グーグルアドセンスの広告を載せる場合も、表示される業種を選択したりできます。

よって、広告を載せる場合でも、記事の主張と真逆の広告は表示しないようにできます。

有料ブログの金額

社会運動は仕事ではありません。
そのため、そんなにお金をかけられない場合が多いでしょう。

しかし、有料ブログは、それほど高くないものもあります。

例えば、さくらインターネットのレンタルサーバを借りて、自分でWordpressのブログを作った場合、月500円程度で済みます。

その他、有料ブログサービスで1,000円以内のものがたくさんあります。

ですので、社会人であれば問題なく有料ブログを持てるでしょう。

以上、運動用のブログは無料ブログで問題ないかどうかについて述べました。

ブログ作りの本


本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書



この本を見ながらWordPressのサイトを作ってみることで、WordPressがどういうものかが一通り分かるようになります。
ただし、実際にブログやサイトを作って運営するとき、この本のように土台からWordPressを作るのは時間がかかり大変です。
そこで、この本でWordPressの仕組みが分かったら、実際のサイトやブログ作りでは既製品のWordPress用テーマをインストールし、それを改造するという方法が良いでしょう。



見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座



ブログに多くの人に訪問してもらうために、どのような記事を書けば良いかが説明されている、役に立つ本です。

楽しい暮らしのために役立つマンガ


小中高の先生方が忙し過ぎるようで、子どもたちが「自分が主権者である」という意識を学べずに大人になるケースがかなりあるようです。
民主主義社会の一員として必要な基礎を子どもたちに教えてあげましょう。



-運動用のブログ

Copyright© 持続可能な暮らしと旅のブログ , 2020 All Rights Reserved.