行楽情報

恵庭市の観光 見所

Eniwa Station-east (cropped).png
Keith Blayney - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

恵庭市の観光情報です。

恵庭渓谷(白扇の滝・ラルマナイの滝・三段の滝)

恵庭渓谷は滝もあり良いところです。

白扇の滝(ラルマナイ川)

Hakusen Fall.JPG
By - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

場所

恵庭渓谷(白扇の滝・ラルマナイの滝・三段の滝など)は恵庭市街と支笏湖の間あたりにあります。

交通案内

バス

恵庭市のウェブサイトによれば、恵庭渓谷までの定期のバスなどは運行されていないようです。

臨時のバス

紅葉の季節などに、恵庭渓谷をめぐるバスが企画される場合があるようです。
恵庭市のサイトでそのようなバスを確認して、利用するのがよいでしょう。

恵庭渓谷紅葉バスめぐり(最新情報)/恵庭市ホームページ
恵庭渓谷紅葉バスめぐり(最新情報)/恵庭市ホームページ

(注意)暴風警報の発令により、10月13日(日曜日)のバスツアーは全便中止となります。

www.city.eniwa.hokkaido.jp

自転車

恵庭市街から恵庭渓谷の滝まで1時間ちょっとで行けます。自転車を持っていて体が丈夫な人なら自転車が便利です。

クルマ

せっかく自然豊かな場所へいくときに、環境負荷が極めて大きくドアtoドアの高速移動が可能で効率やスピードを最優先するファーストライフの象徴のようなマイカーを使うのはあまり気乗りしないでしょう。
ですので臨時バスの運行を待った方がよいでしょう。

病気などで体が弱い家族がいる場合などはマイカーの利用もよいでしょう。

えにわ湖自由広場・桜公園

漁川ダムとダム湖のえにわ湖は結構良いところです。
ダムの下にえにわ湖自由広場と桜公園があります。

場所

えにわ湖自由広場・桜公園は支笏湖と恵庭市街の間あたりにあります。

交通案内

バス

恵庭市のウェブサイトによれば、えにわ湖自由広場・桜公園までの定期のバスなどは運行されていないようです。

自転車

恵庭市街からえにわ湖自由広場・桜公園まで1時間くらいで行けます。自転車を持っていて体が丈夫な人なら自転車が便利です。

クルマ

せっかく自然豊かな場所へいくときに、環境負荷が極めて大きくドアtoドアの高速移動が可能で効率やスピードを最優先するファーストライフの象徴のようなマイカーを使うのはあまり気乗りしないでしょう。

ただし病気などで体が弱い家族がいる場合であれば、マイカーの利用もよいでしょう。

ルルマップ自然公園ふれらんど

ルルマップ自然公園ふれらんどはパークゴルフ場などがある大きめの公園です。

場所

ルルマップ自然公園ふれらんどJR島松駅の近くにあります。

交通案内

JR

ルルマップ自然公園ふれらんどはJR島松駅から徒歩圏です。

ユカンボシ川河畔公園

ユカンボシ川河畔公園は結構良いところです。

せせらぎと妖精に出会う散歩道「ユカンボシ川河畔公園」/恵庭市ホームページ
せせらぎと妖精に出会う散歩道「ユカンボシ川河畔公園」/恵庭市ホームページ

せせらぎと妖精に出会う散歩道「ユカンボシ川河畔公園」彫刻広場と散策広場へのご案内 恵庭市の南側に位置する恵庭公園を源とするユカンボシ川の流れは、人の手が殆ど入らずに河畔公園付近でも原始の姿のままの状態 ...

www.city.eniwa.hokkaido.jp

場所

ユカンボシ川河畔公園は恵庭市街にあります。

交通案内

JR

ユカンボシ川河畔公園はJR恵庭駅から徒歩22分ほどです。

バス

JR恵庭駅から恵庭市コミュニティバスでユカンボシ川河畔公園へ行けます。
「JR恵庭駅東口」から「家具の中西」まで乗ると便利です。

時刻表の一例
JR恵庭駅東口〔恵庭市コミュニティ〕から家具の中西〔恵庭市コミュニティ〕|乗換案内|ジョルダン

経路の一例 | JR恵庭駅東口〔恵庭市コミュニティ〕から家具の中西〔恵庭市コミュニティ〕
ecoバス:循環Aコース(JR島松駅行)(JR恵庭駅東口 13:52発)の運行表|ジョルダン

バス停「家具の中西」からユカンボシ川河畔公園までの道

参考
えにわコミュニティバス/恵庭市ホームページ

子ども達の保護者と社会人の必読書



クルマ社会と子どもたち (岩波ブックレット (No.470))



「年間子ども500人が亡くなり,7万人が負傷する交通事故大国.
日本社会のその歪みを正すために,どんな視点が求められているか.
昔遊び場であった道という空間が激変した意味をたどり,児童の認識能力を過大評価した「交通安全教育」万能論を批判し,社会的弱者の生活空間において交通量を制御する交通環境改善の提言を行う.」



交通死―命はあがなえるか (岩波新書)



「私たちはいつの間にか交通事故で毎年1万人以上の生命が失われるという現実を当たり前と感じるようになっている.
しかし機械的な事故の処理,「生命の値段」の決めかたに異を唱えるのは非常識なのだろうか.
交通事故で最愛の娘を失った著者が,事故当夜から刑事裁判,賠償交渉,民事訴訟に至る「人間としての死」を取り戻すための闘いを克明に綴る.」



子どもの命を守る分離信号―信号はなぜあるの?



「行政は、なぜ青信号を渡る子どもたちを見殺しにするのか?
『人間の注意力は不確実なもの』
信号システムを改善するだけで、確実に子どもたちの命が救えるはずなのに。」
「人と車を同時に交差させる一般交差点は、青信号を渡る子どもたちの命を危険にさらしている。
不確実な人間の注意力に頼る信号システム・交通行政を批判し、人と車の流れを分離させる分離信号の普及を提唱する。」



クルマよ、お世話になりました: 米モータリゼーションの歴史と未来



「アメリカはいかにしてクルマ大国になったのか?
クリーンエア最優秀賞受賞者がその知られざる驚愕の歴史を詳述し、クルマに依存しない豊かな生活のための方策を提案する。」

-行楽情報

© 2021 持続可能な暮らしと旅のブログ