社会運動

「新型コロナ・ウィルスによる交通崩壊を防ぐための緊急アピール」

投稿日:

全国路面電車ネットワークが「新型コロナ・ウィルスによる交通崩壊を防ぐための緊急アピール」を出しました。

アピールの内容は「NPO法人 公共の交通ラクダ(RACDA)」のウェブサイトで公開されています。

「新型コロナ・ウィルスによる交通崩壊を防ぐための緊急アピール」

新型コロナ・ウィルスにより、全国的な外出規制が行われる中、地域の電車やバスは社会のインフラとしてほぼ通常通りの運行をしている。しかし、交通の現場は、感染リスクを抱えながら必死の運行をしつつも、春の新学期等の定期券販売をはじめ、観光客・買い物客の現金収入を失い、このままでは早晩、各社は資金詰まりを起こし、各地で運行が困難になる。この緊急事態においても、公共交通は生活インフラとして通常どおりの運行を要請されている。道路と同じく「公共財」である以上、安全運行が困難になってからでは遅い。運行停止で困るのは一般市民である。

1.アメリカ連邦交通省が公共交通に対して250億ドル(約2兆7千億円)の支援を発表した様に、資金面での全面的な公的な支援を至急対応すべきである。

2.事業継続が困難となった事業者は、一時、国有化、公有化も選択肢と考えるべきである。

3,全国の交通事業者は、4月15日現在の前年対比売り上げを公表し、至急、全国民に窮状をアピールするべきである。

NPO法人 公共の交通ラクダ(RACDA) ウェブサイトより 抜粋

-社会運動

Copyright© 持続可能な暮らしと旅のブログ , 2020 All Rights Reserved.