情報収集

2020/5/14 「コロナ自粛下での違法運転と交通事故増加を防ぐ緊急対策」を求める要望」をクルマ社会を問い直す会が提出

2020年5月14日、「クルマ社会を問い直す会」が「コロナ自粛下での違法運転と交通事故増加を防ぐ緊急対策」を求める要望」を警察庁へ提出したそうです。

「クルマ社会を問い直す会」の公式サイトで要望書が公開されていました。

「コロナ自粛下での違法運転と交通事故増加を防ぐ緊急対策」を求める要望

「コロナ自粛下での違法運転と交通事故増加を防ぐ緊急対策」を求める要望」は、2020年5月14日にクルマ社会を問い直す会が警察庁に提出した要望です。

以下のクルマ社会を問い直す会の公式ウェブサイトに要望書がPDFで公開されていました。

クルマ社会と問い直す会公式サイト

「コロナ自粛下での違法運転と交通事故増加を防ぐ緊急対策」を求める要望の主な内容

クルマ社会を問い直す会の公式サイトに公開されている要望書では、例えば以下のようなことが書かれています。

〔1〕ドライバーに次のことを強く呼びかけてください。

  1. 道路の制限速度を厳守し、慎重な運転をすること。特に歩行者・自転車通行者の安全を守るため、市街地や住宅街では時速30㎞を超えない低速走行の徹底を、その理由(クルマが歩行者に衝突した際の歩行者致死率は時速20~30㎞では0.9で、時速30~40㎞ではその3倍に上がる)とともに、強く呼びかけてください。
  2. 不要不急のマイカー利用を控えること。
  3. ※イギリスでは、国営医療サービスが市街地での速度規制を 30 ㎞/h 相当に強化するよう、声明を出しています。

「「コロナ自粛下での違法運転と交通事故増加を防ぐ緊急対策」を求める要望」から一部抜粋

「クルマ社会を問い直す会」が警察庁へ提出した「コロナ自粛下での違法運転と交通事故増加を防ぐ緊急対策」を求める要望」の紹介でした。

参考ウェブサイト

-情報収集
-,

© 2021 持続可能な暮らしと旅のブログ