おすすめ製品

買い物バッグにもなる便利なリュック

(ヘルスニット) Healthknit スクエア リュック スクエアリュック ボックス リュック リュックサック マザーバッグ バックパック レディース メンズ BLK

買い物をしたとき、プラスチック製のレジ袋はもらいたくないでしょう。
そこで、エコバッグなどの買い物バッグが必要になります。
しかし、ときには買い物バッグを持っていくのを忘れ、普通のリュックに品物を詰める場合もあるでしょう。
日常のリュックで、買い物バッグにもなる便利なリュックを紹介します。

買い物バッグを使うシーン

スーパーは買い物バッグを使いやすい

スーパーで買い物をして、レジで会計した後に台の上で品物をバッグに入れます。

この状況なら、もし買い物バッグを忘れて普通のリュックに品物を入れる場合でも、作業しやすい台の上なので落ち着いてそれほど困難なことなく品物を入れられます。

コンビニや家電量販店で買い物バッグを使うのは結構大変

コンビニや家電量販店などの場合、買った品物を袋に入れる台はありません。

レジで会計したら、その場で自分の買い物バッグに入れます。
その間、店員はレジの前で無言で棒立ちで待っているので、客としてはとてもやりにくいです。
口の広い買い物バッグなら素早く入れられるかもしれませんが、普通のリュックなら口がそれほど広くなく、品物を入れるのに苦労して時間もかかります。

当ブログのおすすめ情報

WWFJapan 原発は温暖化防止に役立っていない

 

ETFFJP HOME
原発ゼロ・エネルギー転換戦略:日本経済再生のためのエネルギー民主主義の確立へ

www.etffjp.group

買い物バッグにもなる便利なリュック

以下のような口が広く開くリュックなら、通勤通学その他の外出時の通常のリュックとして使い、買い物をした時は口を広く開いて品物を素早く入れられて便利です。
別途買い物バッグを持ち歩かなくても、ちょっとした買い物ならリュックだけで間に合います。

Healthknit TRIOリュック

Healthknit スクエア リュック 色: BLK

Healthknit TRIOリュックは口が広く開くので、買い物をした時にも品物を入れやすいです。
なおかつ、ポケットも多いので、書類、筆記用具、パソコン、、本、その他、色々入ります。

Healthknit スクエア リュック 色: BLK

Healthknit スクエア リュック 色: GRY

Healthknit スクエア リュック 色: IND

ヘルスニット リュック 20L メンズ レディース HKB-1126 Healthknit PRODUCT ヘルスニットプロダクト | リュックサック バックパック[bef][PO10][即日発送][クリスマス]

コンビニやキオスクで買い物するときのバッグの使い方の例

上記のリュックを持って、実際にコンビニやキオスクで買い物をするときは以下のようにすると便利です。

1.リュックの口を開け手に持つ

レジで会計中にリュックを背中から下ろし、ファスナーを開けるなどすると、手間取ったりして結構焦ってしまいます。

そこで、レジに並んでいるうちにリュックを背中から下ろし、ファスナーを開けて手に持っておくと良いでしょう。

2.レジで会計中にカバンに商品を入れる

会計が済んだ商品を片っ端から手に持ったリュックに入れます。

店員が会計済みの商品にテープを貼る場合もあるので、その場合は貼り終わり次第すぐリュックに入れます。

3.リュックの口は開けたまま、金を払う

リュックの口のファスナーは会計が終わってから閉じれば問題ないでしょう。

たいてい、店員は早く金を出してくれと言わんばかりに立って待っています。

リュックのファスナーは無視し、素早く金を払います。

4.レジを離れてからリュックのファスナーを閉じる

会計が済んで、レジを離れたら、リュックのファスナーを閉じます。

背中に背負って店を出ます。

その他 できるだけゴミを出さないため量り売りの店を使う

できるだけゴミを出さないため、量り売りの店を使うと良いでしょう。

今の調子でゴミを出し続ければ人類滅亡は避けられないことが明らかなため、ゴミを出さないよう量り売りの商売を始める店が増えています。
今後も量り売りビジネスが伸びて人類が存続するか、もし量り売りが進まないなら人類は滅亡して死に絶えて終わりか、どちらかでしょう。

量り売りの店の例をあげてみます。

生活に密着した品を量り売りする店が必要

長時間過密労働に従事する孤独なビジネスパーソンや、幼児や乳飲み子がいて仕事と家事で忙殺されている人など、我々庶民がゴミを減らすには、朝起きる、納豆と米飯と味噌汁と漬物とサラダなどを食べる、昼は弁当などを食べる、夜も味噌汁や米飯やその他おかずを食べる、歯を磨く、風呂に入る、トイレに行く、といった地味な生活の中で買う食品や日用品の買い物を量り売りで購入する必要があります。

しかし、そういった生活に密着した商品を量り売りしてくれる店はまだ多くありません。

マイカーで行くのはやめておく

量り売りをしている店があったとして、遠い場所にあるのでマイカーで行くとしたら、マイカーを利用することのデメリットの方が大きくなります。

マイカーでなければいけないようなところにしか量り売りの店がないなら、徒歩で行ける近くのスーパーで出来る限りゴミが少なそうな商品を選んだ方が良いでしょう。

参考書籍

クルマ社会と子どもたち (岩波ブックレット (No.470))

量り売りの店の例

札幌 トロッコ

トロッコという店に食品などもありますが、小洒落たものがメインのようです。

量り売りの店を紹介したページ

「プラなし生活」というサイトに、量り売りの店の紹介ページがありました。

量り売りの店はあまり見つからない

その他、量り売りの店はあまり見つかりません。
あっても、小洒落たものを扱う店が多く、疲れ果てた孤独なビジネスパーソンや乳飲み子を背負い幼児を連れた父さん母さんが夕飯の買い物に行くような感じの店はほとんど見つかりません。

例えば、長時間労働で疲れ果て目はうつろで髪も伸びたビジネスパーソンの私が地味なジャンパーを着て、ナッツ類の量り売りの小洒落た店に入って行ったら、絶対に怪しまれるでしょう。

生協などが量り売りを始めてくれることを期待しましょう

コープさっぽろの店舗など、生協の店舗は日本全国のあちこちにあるでしょう。
そして、生協であれば単なるビジネスではなく環境負荷も考えて量り売りを開始する可能性はあるでしょう。

生協の店舗で量り売りが開始されれば、疲れ果てた孤独なビジネスパーソンや乳飲み子を背負い幼児を連れた父さん母さんが夕飯の買い物をするときにも、量り売りの商品を購入でき、格段にゴミを減らせるでしょう。

生協の組合員になって、量り売りをしてください、と組合員としての要望を伝えるなどして、量り売りが始まることを期待しましょう。

参考リンク

日常のリュックで、買い物バッグにもなる便利なリュックの紹介でした。

-おすすめ製品

© 2021 持続可能な暮らしと旅のブログ